重要なお知らせ

contents


 
 
 

Post 2012 world 参考資料

 
*「2012年問題」カテゴリーは「Post-2012 world」に名称変更しました。


line

全米で話題の本、完訳!

ザ・シンクロニシティ・キー  

ザ・シンクロニシティ・キー
宇宙と人生を導く隠れた叡智

デイヴィド・ウィルコック〈創造デザイン学会訳〉
A5版/並製本/688頁/3000円+税

〈ニューヨーク·タイムズ〉ベスト·セラー作家デイヴィド·ウィルコックは本書で、歴史的な出来事は精密で衝撃的な形で繰り返すことを証明。一見ランダムに思える出来事の背後に、個人と国家の運命を支配する隠された法則があることを発見した。700ページ近い大著を1年を待たずして緊急完訳!

この本は・・・史上最大の知的挑戦といってよいものである。この驚嘆すべき離れ業の裏にあるのが、実はシンクロニシティ≠ネのである。・・・科学者も哲学者も宗教家もこれを無視して避けて通ることはできないだろう。(訳者による解説より)。

詳細(目次・序・訳者による解説)

..........................................................................................

グッバイホーキング様

グッバイ、ホーキング様
-学校では学べない最先端科学が生命(いのち)の意味を教えてくれた
(原田正・著)でじたる書房(PDF形式)で発売

 

ダーウィニズム150年の偽装

ダーウィニズム
150年の偽装

-唯物論文化の崩壊と進行するID科学革命
(渡辺久義/原田 正・著 アートヴィレッジ)詳細

..........................................................................................

意味に満ちた宇宙
-芸術と科学が明らかにする自然の叡智-
(B・ワイカー/J・ウィット・著 アートヴィレッジ)数世紀にわたって唯物還元主義に支配されてきた私たちの心は、本書によって解放される。詳細

 

進化のイコン

進化のイコン -破綻する進化論教育
(J・ウェルズ・著/創造デザイン学会・訳/コスモトゥーワン)
なぜニセモノ「進化の証拠」が教科書に掲載され続けるのか?
 アメリカで大論争の火を付けた衝撃の書を本会が全訳。
詳細

..........................................................................................

*書店にない時、お急ぎの時は、当会までご連絡ください。お問い合わせ

 

 

what's new

(主な更新履歴)*念のため更新ボタンを押してください


4/27
 ■Post2012 world/イスラエルのクシュナーが、今、トランプ政府をNWOグローバリストのために操っている
4/25
 ■Post2012 world/トランプ・ホワイトハウス内部でのクシュナー・クーデタ
4/23
 ■Post2012 world/対外政策と”ニセ旗”:トランプのリアリティ番組”戦争とチョコレート”
4/21
 ■Post2012 world/クレムリン対決でのティラーソンの悪手
 ■Post2012 world/トランプよ、誰ひとり法の原則を超越している者はいない
4/18
 ■Post2012 world/世界はアメリカの軍事的狂気によって人質に取られている
4/17
 ■Post2012 world/ハルマゲドンは地平線上に見えているのか?
4/13
 ■Post2012 world/アメリカのシリア攻撃の多層的分析
4/10
 ■Post2012 world/シリアの化学兵器:例の犯行者によるもう一つのニセ旗攻撃(下)
 ■Post2012 world/シリアの化学兵器:例の犯行者によるもう一つのニセ旗攻撃(上)
4/6
 ■Post2012 world/西洋は相手にされなくなった:世界は笑っている(下)
 ■Post2012 world/西洋は相手にされなくなった:世界は笑っている(上)
4/4
 ■Post2012 world/魂を売るということ、抜かれるということ
4/1
 ■Post2012 world/ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ・・・(5)
3/29
 ■Post2012 world/モスル作戦:中世的虐殺
3/28
 ■Post2012 world/「世界は文字通りペドファイルによって運営されている」 - ”取って食う”ことによって世界は滅びる -
3/26
 ■Post2012 world/ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ・・・(4)
3/23
 ■Post2012 world/ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ・・・(3)
3/22
 ■Post2012 world/ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ、深層国家とCIAの本性が現れる(2)
3/19
 ■Post2012 world/ペドゲイト:パンドーラの箱が開かれ、深層国家とCIAの本性が現れる(1)
3/17
 ■Post2012 world/ピザゲイト:ワシントン・エリートのペドファイル一味逮捕のための集団瞑想
3/14
 ■Post2012 world/米合衆国はNew World Orderの軍事本部(後半)
3/12
 ■Post2012 world/米合衆国はNew World Orderの軍事本部(前半
3/9
 ■Post2012 world/純粋悪的”深層国家”は片が付けられるか?(後編)
3/7
 ■Post2012 world/純粋悪的”深層国家”は片が付けられるか?(前編)
3/5
 ■Post2012 world/法王フランシスが、フェイク・ニュースを用いることを、糞便を食うことに例える
3/3
 ■Post2012 world/そして、ベスト短編記録映画のオスカー賞は…ISIS-アルカーイダに決まりました
3/2
 ■Post2012 world/フェイク・ニュース速報:”ホワイト・ヘルメット団”の偽造ビデオ
2/27
 ■Post2012 world/悪のための悪:悪魔崇拝という観点なしに世界は理解できない
2/27
 ■Post2012 world/イエメンについての西側の道徳的偽善
2/25
 ■Post2012 world/ロシアの外交官を殺しているのは誰か、なぜか?
2/23
 ■Post2012 world/アメリカのクーデタが進行中
2/21
 ■Post2012 world/米国土安保省インサイダーがペドゲイトの扉を大きく開放
2/17
 ■Post2012 world/ペドフィリア団474名一斉逮捕:外堀から中央へ迫るか?
2/15
 ■Post2012 world/オバマと蝿:神の目にはbullshit(牛の糞、たわごと)
2/12
 ■Post2012 world/米共和国の秩序ある継続は、主流メディアの即刻の停止いかんに懸っている
2/8
 ■Post2012 world/企業メディアは今、民衆にとって実存的脅威となっている
2/6
 ■Post2012 world/見るべく与えられた悪の顔をまともに見よ
2/4
 ■Post2012 world/トランプは約束を果たせるか?
2/2
 ■Post2012 world/我々の罪を許したまえ:カトリック司祭がミサ中に一発食らう
1/31
 ■Post2012 world/グローバリスト・システムにどう打ち勝つか
1/27
 ■Post2012 world/サイコパスとはどういう者たちか?
1/25
 ■Post2012 world/ニューヨーク・タイムズが、いかに歴史を弄んでいるか(前半)
1/21
 ■Post2012 world/サイコパス犯罪者どもの乗合船に穴が開いた
1/19
 ■Post2012 world/元CIAの私の達した結論:この国にCIAは要らない
1/17
 ■Post2012 world/米英の雇う”ホワイト・ヘルメット団”が、アルカーイダと共にシリア市民の水を断つ
1/14
 ■Post2012 world/ポルノの検閲と年齢チェックは人権侵害、と国連高官
1/13
 ■Post2012 world/オバマ:戦争犯罪人、女性や子供の虐殺者
1/12
 ■Post2012 world/深い苦境に陥ったアメリカ深層国家
1/9
 ■Post2012 world/いかにしてRTが、CIA、FBI、NSAの間抜けた”すっぱ抜き”の的となったか
1/7
 ■Post2012 world/真理に対するクーデタ
1/6
 ■Post2012 world/よいニュース:ワシントンがシリア平和計画から締め出される
1/4
 ■Post2012 world/米電力網ハッキングについてのワシントン・ポストの虚報
1/1
 ■Post2012 world/泰然たる柔道家プーチンが”レームダック”オバマに格の違いを見せつける

【以下2016年、以上2017年】

12/31
 ■Post2012 world/プーチン:ロシアはアメリカの制裁に対して、誰も追放するつもりはない
 ■Post2012 world/シリアのISISを支援しているのは誰か? エルドアンかオバマか? 交差的同盟、NATO危機
12/27
 ■Post2012 world/旧権力敗退の大立ち回り--ついに地金を表す
12/26
 ■Post2012 world/”ロシアが悪い”ゲームと情報戦争:主流メディア”フェイク・ニュース”vs代替ニュースの真実(後半)
12/24
 ■Post2012 world/”ロシアが悪い”ゲームと情報戦争:主流メディア”フェイク・ニュース”vs代替ニュースの真実(前半)
12/20
 ■Post2012 world/2016年の”権力エリート”のクーデタ
12/18
 ■Post2012 world/「ウソが彼らのアジェンダ」:カナダのジャーナリストが、主流メディアのシリア報道を一喝--国連会議
12/17
 ■Post2012 world/アレッポの暴徒が一掃され、主流メディアの偽ニュースがはびこる
12/16
 ■Post2012 world/あるクリントン支持者が偽ニュースを作り、メディアがこれを報じて、ウィキリークス文書は信用できないと言う
12/10
 ■Post2012 world/「ピザゲイト」スキャンダル:陰謀団崩壊の突破口
12/6
 ■Post2012 world/代替メディアは新しいゲリラ戦:市民がグローバリストを暴く時(3)
12/3
 ■Post2012 world/代替メディアは新しいゲリラ戦:市民がグローバリストを暴く時(2)
12/1
 ■Post2012 world/代替メディアは新しいゲリラ戦:市民がグローバリストを暴く時(1)
11/26
 ■Post2012 world/ウソ情報と本当の情報をどう見分けるか
11/24
 ■Post2012 world/“偽ニュース”についてどう対処するか
11/21
 ■Post2012 world/ピザゲイト:クリントン夫妻、民主党、陰謀団、米連邦政府を滅ぼすスキャンダル
11/19
 ■Post2012 world/トランプ反対者は正常なアメリカ人を嘆かわしい者と見る
11/17
 ■Post2012 world/私の期待するトランプ像(続)
11/15
 ■Post2012 world/ジョージ・ソロスのオルグが、反トランプ抗議を呼びかける集団の中にいる
11/14
 ■Post2012 world/反トランプ抗議者は寡頭体制の道具
11/11
 ■Post2012 world/アメリカのリベラルが解き放ったトランプ・モンスター
11/8
 ■Post2012 world/アメリカとその従僕たちは世界の人々を侮辱する
11/5
 ■Post2012 world/アサンジ:クリントンとISISは同じカネを受け取っている
11/4
 ■Post2012 world/ヒラリー・クリントン:ウォール街の負け馬? 憲法の危機? 終盤はどうなる?
11/1
 ■Post2012 world/民主主義の失敗:寡頭政治家はどのように選挙を盗む気か?
 ■Post2012 world/見えない政府の内側
10/28
 ■Post2012 world/なぜ核兵器が使われないのか?
10/26
 ■Post2012 world/ワシントンは“ニセ旗“で、新しい“悪の枢軸国“を核戦争に巻き込むか?
10/23
 ■Post2012 world/アメリカのファシズム小史
10/19
 ■Post2012 world/「彼ら」はドゥテルテ大統領を、本当に殺そうとするだろうか?
10/17
 ■Post2012 world/NATO−戦争犯罪人の私的クラブ
10/14
 ■Post2012 world/「悪の帝国」共産主義はどこから生まれ、何だったのか?
10/12
 ■Post2012 world/親愛なるプーチン大統領ならびにロシア国民の皆さま
 ■Post2012 world/プーチン大統領への公開謝罪状 − 解説
10/12
 ■Post2012 world/「オランドはアメリカの従僕」仏政治家たちがプーチンと会うのを嫌がる大統領を非難
10/10
 ■Post2012 world/悪質な西側メディアによるシリアの破壊
 ■Post2012 world/我々はどういう世界に生きているのか?−この異常な世界の背後に見えてくる暗黒集団
10/6
 ■Post2012 world/帝国のプロパガンダ・テクニーク
10/3
 ■Post2012 world/シリア−アメリカの宣伝インチキがいま公然と崩れる
10/1
 ■Post2012 world/米-トルコが、シリアで世界戦争へ動き出す
9/28
 ■Post2012 world/ロシアのミサイルがシリア内の米作戦本文を破壊
9/28
 ■Post2012 world/アメリカという「純粋な悪」または地球的災厄
9/26
 ■Post2012 world/ラブロフが歴史を作る:停戦はすべてインチキだった
9/23
 ■Post2012 world/前NATO議長ラスムッセン:アメリカが世界の警察であるべきだ
9/22
 ■Post2012 world/テロリストを保護するオバマ、ISISを救援するアメリカ
 ■Post2012 world/”恥ずかしい思い”とは何かを知るために、どうぞシリアへおいでください
9/19
 ■Post2012 world/「アサドを殺せ」令状
9/15
 ■Post2012 world/プーチンが礼儀正しく、西側の愚かさへの驚きを表明
 ■Post2012 world/私はシリアに住むシリア人です
9/13
 ■Post2012 world/9.11:“透明なウソ”の15年 −ワシントンの説明は陰謀説
9/10
 ■Post2012 world/元凶としてのロシア:ヒラリーやネオコンの倒錯の論理
9/6
 ■Post2012 world/見くびられるニューヨーク・タイムズ
9/3
 ■Post2012 world/アメリカが、アルカーイダとISISテロ集団を創った
9/1
 ■Post2012 world/アメリカ人は彼らを支配する悪を倒すことができるか?
8/29
 ■Post2012 world/壊れたチェスボード:ブレジンスキーが米帝国を断念する
8/27
 ■Post2012 world/終始不穏なリオ・オリン(パラリン)ピック
8/24
 ■Post2012 world/現代アメリカ:ウソの帝国
 ■Post2012 world/ロシアによる中東問題の打開−不機嫌なワシントン
8/20
 ■Post2012 world/相手がロシアならマナーの悪さは許される?
 ■Post2012 world/操られた国家:“アメリカの春“はいつくる?
8/15
 ■Post2012 world/ロシアのドーピングに対する暴力的な裁定
8/14
 ■Post2012 world/世界戦争が始まった − 沈黙を破れ
8/8
 ■Post2012 world/ロシアがテロを敗退させる一方で、アメリカは奇怪なショーに拍手している
 ■Post2012 world/米政府は子供を拷問する−「人権ウォッチ」報告
8/4
 ■Post2012 world/ロシア(と中国)はどこまで我慢できるか?
8/1
 ■Post2012 world/ヨーロッパはワシントンの従僕となって滅びるのか?
7/31
 ■Post2012 world/“ニェット”の効力
 ■Post2012 world/ブレジンスキーの悪夢:ロシア、中国、および現実の戦争の見通し
7/27
 ■Post2012 world/数千の韓国民が米ミサイル防衛システムに抗議
7/25
 ■Post2012 world/かりに米露間の戦争危機が現実となったら
7/21
 ■Post2012 world/NATOリーダーによるロシア侵略の陰謀:ワルシャワ声明
7/18
 ■Post2012 world/“ロシアの侵略”という与太話を再確認するNATO
7/14
 ■Post2012 world/ウラジミール・プーチン:西洋の唯ひとりのリーダー
7/12
 ■Post2012 world/ワルシャワ・サミットと、NATOの向こう見ずな強がり
7/10
 ■Post2012 world/遺伝子工学による破壊 − 遺伝子組み換えの隠れたアジェンダ(書評)
7/8
 ■Post2012 world/前CIA職員:「あなたの敵の話を聞け」
7/7
 ■Post2012 world/ワシントンは、Brexitによって反露政策を崩壊させられることを恐れている
7/4
 ■Post2012 world/Brexitの2度目の投票があるかもしれない
7/1
 ■Post2012 world/日本のメディアが言われたくないこと
6/28
 ■Post2012 world/神に対する恨みと復讐、世界乗っ取り計画
6/26
 ■Post2012 world/英EU離脱:何が問題なのか?
6/25
 ■Post2012 world/不気味に迫るアメリカの対ロシア戦争
6/23
 ■Post2012 world/プーチン:人々は、現状が実はどれほど危険であるかを理解していない
6/22
 ■Post2012 world/子供の権利:国連の「恥のリスト」は恥
6/18
 ■Post2012 world/ロシア国家院議長が、ロシアと日本の関係を歪めようとする第三者に警告
 ■Post2012 world/「平和の手段」としての反プロパガンダ
6/13
 ■Post2012 world/国民の議論なしのロシアとの戦争
6/12
 ■Post2012 world/どこに問題があるのか:米はロシアに戦争を仕掛けるつもりか?
6/9
 ■Post2012 world/ジョン・ピルジャー第三次大戦の脅威を語る
6/7
 ■Post2012 world/ロシアの警告
6/5
 ■Post2012 world/シリアの真実:独立国に対する作られた戦争
6/2
 ■Post2012 world/オバマの広島スピーチはこうあるべきだった
5/31
 ■Post2012 world/民衆を黙らせながら戦争の準備をするアメリカ
5/29
 ■Post2012 world/アメリカはアルカーイダと共働している−元米外交官
5/27
 ■Post2012 world/メディア:奴隷根性、ヘイトスピーチ、愚民政策
5/26
 ■Post2012 world/シオニズムの崩壊が始まった
5/24
 ■Post2012 world/悪魔化の危険:西側ニュース・メディアの崩壊
5/22
 ■Post2012 world/我々はどういう世界に生きているのか?−この異常な世界の背後に見えてくる暗黒集団
5/21
 ■Post2012 world/ロシアが全面戦争から世界を救っている
5/19
 ■Post2012 world/アメリカ:どうしたら忠告を聞いてもらえるのか?
5/16
 ■Post2012 world/学生・教授が“戦犯“マデリン・オールブライトの卒業式スピーチに抗議
5/14
 ■Post2012 world/国連のテロリスト・ブラッックリストから除外された軍団によるシリアの虐殺
 ■Post2012 world/シリアにおいて、ロシアは文明を擁護し、西側は野蛮に与する
5/13
 ■Post2012 world/アレッポ:米 - NATOのニセ旗、ウソ、プロパガンダ
5/9
 ■Post2012 world/アレッポ戦でのアメリカの露骨なウソ宣伝
5/8
 ■Post2012 world/ISISの爆撃に見せかけたモスルにおけるアメリカの終末
5/6
 ■Post2012 world/ロ米停戦協定が崩れ、シリアの市民の死が急増
4/30
 ■Post2012 world/ケムトレイル:有毒金属と化学エアロゾルの人間の健康への影響
4/29
 ■Post2012 world/ケムトレイルを飛行機雲として紹介する読売新聞
4/23
 ■Post2012 world/サウジアラビアが9・11をめぐってアメリカを強制
4/20
 ■Post2012 world/“信頼性”幻想−嘘をつく米の苦渋
4/18
 ■Post2012 world/ジョージ・ソロス:サイコパス中のサイコバス
4/14
 ■Post2012 world/点をつないで見えてくる:なぜ体制はドナルド・トランプを憎むのか?
4/9
 ■Post2012 world/プーチンを攻撃するための、米政府-ソロス援助によるパナマ文書ーウィキリークス
4/6
 ■Post2012 world/ブリュッセルの危機役者:パリ、ボストンの後、3度目のテロを生き延びた男
 ■Post2012 world/3.22ニセ旗! “グラディオ作戦”がサタンの祝日にブリュッセルを襲う
4/2
 ■Post2012 world/フィリップ・ハモンド英外相の狂った「国際基準」
3/31
 ■Post2012 world/前アルカーイダ司令官:ISISやアルカーイダはCIAや西側情報局に完全に支配されている
3/29
 ■Post2012 world/遊び時間は終わった、子供たちよ
3/28
 ■Post2012 world/私の期待するドナルド・トランプ像
3/25
 ■Post2012 world/キューバへのアメリカの偽善的説教
3/22
 ■Post2012 world/米政府が9.11の罪をイランに負わせ、105億ドルの罰金を科すーイランは拒否
3/16
 ■Post2012 world/エルドアンは“間違った同盟者”:トルコのクルド人弾圧にあがる声
3/16
 ■Post2012 world/『シリアへの汚い戦争』−アンダーソン教授“語られざる真実”を語る
3/15
 ■Post2012 world/拍手しよう、ブッシュ王朝は崩壊した
3/13
 ■Post2012 world/アメリカ人は、統制された出来事によって作られたニセの現実の中に住んでいるのか?
3/11
 ■Post2012 world/映像証拠:父ブッシュがモンサントと遺伝子操作を共謀
3/9
 ■Post2012 world/ブッシュ家のナチスドイツとのつながり:“米名門一族“がナチスドイツから富を得た
3/3
 ■Post2012 world/オーウェルよ、フランスへようこそ ー 再び!
3/1
 ■Post2012 world/ワシントンがモスクワに「米のテロ基地だけは助けて!」
2/28
 ■Post2012 world/アンカラの政権交代? 十分ありそうなこと
2/26
 ■Post2012 world/御用新聞も隠せなくなった事実 - ニューヨーク・タイムズとワシントン・タイムズ
2/21
 ■Post2012 world/劇的なエスカレーションは間近か? –ロシアのシリア介入18週目
2/15
 ■Post2012 world/NATOを直ちに終わらせよ:世界を第三次対戦に追いやる狂気の機関
2/13
 ■Post2012 world/イルミナティ理解のために
2/12
 ■Post2012 world/プーチンのアレッポの勝利後、和平会談が“停止”
2/9
 ■Post2012 world/米世論調査で圧倒的多数:ダーウィン説はその利点・欠点をともに教えよ
2/5
 ■Post2012 world/ドイツの主導的ジャーナリストが告白 —自分や他の西側記者はCIAに買収されていた
2/4
 ■Post2012 world/西側の侵略:テロリズムの最も高度な形態
1/30
 ■Post2012 world/EU避難民危機:不法な戦争をやめよ、犠牲者に罪を着せるな
1/29
 ■Post2012 world/オバマの明らかな殺人より、プーチンの「かもしれぬ」殺人に憤るメディア
1/27
 ■Post2012 world/倒れる2本のオベリスク
1/24
 ■Post2012 world/スヴァーリとの独占インタビュー(4)-ヴァチカンにおける子供の生贄
1/21
 ■Post2012 world/スヴァーリとの独占インタビュー(3)-悪魔的変貌(シェイプ・シフティング)
1/20
 ■Post2012 world/スヴァーリとの独占インタビュー(2)-“第4帝国”-
1/19
 ■Post2012 world/スヴァーリとの独占インタビュー(1)-Svaliとは何者か?
1/14
 ■Post2012 world/スヴァーリ:イルミナティ離脱者が語る(2の2)
1/12
 ■Post2012 world/スヴァーリ:イルミナティ離脱者が語る(2の1)
1/6
 ■Post2012 world/イルミナティ・インサイダーたちの明かす、エリート集団の秘密のからくり(2の2)
1/6
 ■Post2012 world/イルミナティ・インサイダーたちの明かす、エリート集団の秘密のからくり(2の1)
1/1
 ■Post2012 world/ロシアのシリア介入12週目



*これより以前の「2012年問題(Post-2012 World)」参考資料は【こちらの】インデックスからご覧ください。

*過去の「ID最新情報」は【こちら】のインデックスからご覧下さい。

『ニューワールド百科事典』による「インテリジェント・デザイン」
「不適者生存 ―教科書に生き残ったニセモノ―」

オオシモフリエダシャク再考 (ジョナサン・ウェルズ)
出版物/推薦図書一覧
 


         
   

創造デザイン学会